ライカM3 ドッグイヤー専用ケース

今日は久々にフィルムカメラのケース。たまには息抜きしないとね。
2016092701
ライカM3オールドスタイルケース。ドッグイヤー専用タイプです。
ドッグイヤーとはM3初期タイプのストラップ吊り金具の事です。
犬耳、福耳、仏耳など呼ばれるこのタイプは通常のM型ライカとアイレットの位置が違い
ケースの流用が難しいので専用のケースを製作してみました。
最近はニッチなやつが続きますね。

2016092702
背面はこんな感じ。まだここから修正します。

2016092704
ケースとの固定は安定の底ネジ。

2016092705
前面のデザインはPEN-Fケースと同じスタイルでシンプルに。
素材はプエブロのオリーバ。両サイドのパーツはブッテーロのキャメルでの製作。
これはシルバーボディにも似合うはず。ブラックボディだったらシルバーレンズとか。
これにキャメルのストラップを合わせてサファリ系のドレスアップをしたい。

2016092703
ストラップで吊った際のバランスを考えてストラップ取り付け位置を少し前よりに、
通常ライカのアイレットに近い位置までオフセットしています。
写真じゃちょっと分かりづらいか。

最近はブログでの紹介ばかりですが時間を見つけてホームページにも掲載したいですね。
いつになるんだろうか…

興味がある方は鳥井工房ホームページのお問い合わせかメールにてご連絡下さい。
このスタイルでデジタルライカ(ライカM、ライカM9)のケースも作れますよ。
2016-09-27 : Leica M3 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

toriikoubou

Author:toriikoubou
函館にてカメラの速写ケースやストラップなどの革小物を製作しています。製作日記や日々のあれこれを綴ります。作品は鳥井工房ホームページ(www.toriikoubou.jp/)にてお問い合わせください。※下にリンクあります。

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR